フランチャイズでハウスクリーニングを開業|初心者でも気軽にできる

女性

小さな店も手軽にposを

レジを操作する女性

小型化・高度化が進む

現在、販売管理の手法として主に小売業の分野においてスタンダードとなりつつあるのがposと呼ばれるシステムです。posとはpoint of salesの略で、日本語では販売時点情報管理と呼ばれます。簡単に言えば商品やサービスが売れた都度その個数や金額、販売時の状況などを記録することで売上動向の分析などに利用するというものです。posシステムは1970年代ごろから主にスーパーマーケットなどのチェーン店において利用が始まりました。現在ではコンビニエンスストアが購入者の属性なども含めた詳細な情報管理を行っていることで知られています。その一方で、posは小規模商店への普及も進んでいます。従来のシステムは大規模なコンピュータネットワークが必要になるという注意点がありました。しかし現在ではposレジの小型化・高度化によって低コストでの導入が可能になっています。

パソコン転用タイプも

posレジとはposシステムを運営するに当たっての基幹となる金銭登録機で、商品等の決済を行う際に自動的に販売情報が記録・蓄積されていきます。一般的には商品に付されたバーコードをスキャナで読み取ることで記録を行いますが、ファミリーレストランなどにおいてはタッチパネルを操作することでデータを記録するタイプも利用されています。現在のposレジは言ってみれば販売管理に機能が特化したパソコンのような存在で、価格やサイズも一般のパソコンとそれほど変わりません。それでいて高度な情報処理能力を備えているので、小さなお店でも簡単にposシステムを導入できるとして人気を呼んでいます。中には普通のパソコンに専用アプリをインストールし、周辺機器をセットするだけでposレジに変身させることができるタイプもあります。

Copyright© 2016 フランチャイズでハウスクリーニングを開業|初心者でも気軽にできる All Rights Reserved.